物資支援情報

2011年04月07日

今日の石巻は雲一つ無い快晴で、爽やかな春の青空が広がり気温も暖かくなりました。

トラックは10時に避難所へ到着。

日々避難所をあとにする方々がありながらも、今日現在で約600名の方々が避難生活を続けられていらっしゃるとのことでした。

昨日、特命の別便で仙台に届いた化粧品(BBキット、ソープ、ハンドクリームなど)の配布準備をしているとスキンケア物資を待ちわびた老若男女が再び長蛇の列。IMG_2271

避難所生活ではこれまでに自衛隊などから、水や飲食物、毛布、衣料などの生活基本物資の配給は受けていたものの、化粧品の配給というのはもちろんフォーデイズが初めて。IMG_2264

避難所では、感染症予防などの対策として消毒液などがいたるところに置かれていて、その消毒液で手を洗った後カサカサと黒ずんでいた肌のスキンケアは女性ならずとも必要な状態となっており、本当に喜ばれ、数百あったスキンケア物資は被災された会員様の手から被災地の皆様へ配布され即、品切れとなってしまいました。

昼時、本日の“自衛隊食堂”のランチメニューはカニ肉入り中華丼。
その配給が落ち着いた頃、昨日お配りできなかったトラック荷台半分ほどの皆様からの物資を別の避難所数箇所で配給しようとしたところ、いずれの避難所も「物資は十分確保できているし、市役所に届け出て配給していい日時の指定を受けてからでないと配給は認めない」とのことでした・・・各避難所によって炊き出しの内容や物資の過不足状況は異なっており、それを行政で管理し始めたことによって本当に必要な物資が必要としている被災者の手に渡らないシステムができあがろうとしていました。
事実、避難所内での支援物資は物によって供給過多の状況にある一方、避難所で生活をされていないまたは、身体が不自由などの理由でできない“外部”と呼ばれている被災者の方々には未だ生活基本物資が行き届いていないという現状をみて、現存する小学校に設置されている避難所での配給は諦め、ゲリラ的ではありましたが、被災地内にある廃墟となったコンビニの駐車場で配給をしている自衛隊食堂の閉店時間を見計らって許可無く物資の配給をすることにしてみました。

IMG_2296すると“外部”の多くの方々が来てくださり「ありがとね!」「本当に助かるわ」とトラックの物資は見る見る被災者の手に渡ってゆきましたIMG_2303

終わってみれば陽は西に傾きかけていました。

昨日今日と被災された地域の方々のために活動され心身共にお疲れになられていると思われた会員様は支援してくださった皆様へお礼としてガッツポーズをしてくださいました。IMG_2305

トラック四分の一となった支援物資は、リアス式海岸で入り組み石巻より物資調達が行き届いていない気仙沼へお運びいたします。

2011年04月06日

昨日届いた東京本社からの追加物資の積み込みも完了し、これから再び被災地に向けて出発いたします。

仙台を出発したフォーデイズ支援物資運搬トラックは被災地で復興活動をされて
いらっしゃる会員様と合流し、石巻市へ向かいました。

途中の宮城野区の海に近い湾岸エリアは本来ならば買い物をされる方々などでで賑わう街・・・

壁には高々と津波の高さ(3m弱)を示す痕跡が残り、
大型商業施設の駐車場は津波で流され、原形を留めていない車が数十台積み重ねられ、
未だに家屋や塀などに乗用車や大型トラックが枯葉のように立てかかっている状態。
今にも川に落ちそうな半壊した家、その川原には津波で粉々に破壊された家屋や家具・・・
その瓦礫の上を危なげに様々な探しものをしながら歩く人々。

連日のニュース映像で見ていた光景を目の当たりにし、思わず息を呑みました。

小学校の校舎には『自然を友達に』とスローガンが掲げられていて、自然を大事にという願いが何故・・・と、複雑な想いに駆られました。

a href="http://livedoor.blogimg.jp/fd_salon-miyagi/imgs/b/0/b0bd37dc.jpg" target="_blank">IMG_2160IMG_2146IMG_2157







石巻市内に入ると、目を覆いたくなるような更なる惨状が。。。

岸壁に打ち上げられた大型船、津波で横転した直径50mは有ろうコンビナートタンク、電気、ガス、水などのライフラインの断絶、
基礎しか残っていない住宅街、津波で打ち上げれ腐敗の進む大小の魚、骨組みしか残っていないスーパー、幾重にも折り重なる車・・・
壊滅状態の町に漂う鼻を突く強烈な異臭。

巨大津波の威力はその想像をはるかに超えるものでした。

かろうじて全壊を免れた被災地にお住まいだった会員様のお宅に伺うと、
ガラスを突き破って襲ってきた津波の一階天井ギリギリまでの潮位跡が残っており、
居間、洗面所、仏壇までもの様々なものが汚水で覆い尽くされていて足の踏み場も無い状況でした。

そんな中からもグループの皆様と撮った写真や開封前のドリンクを見つけると大事に避難所へお持ち帰りになりました。

IMG_2191IMG_2192







今回皆様からお預かりした物資を最初にお届けした場所は、市内でも一番多くの方々が今でも非難している小学校。
学校内では、小さな小さな木の椅子をテーブル代わりに、校庭で自衛隊が炊き出した配給食を家族寄り添って食べていたり、
米軍が設置した簡易シャワーの順番を待つ方々が列を成していました。

そんな中、その体育館の狭い隅っこにこれまで安否の確認は人伝にできていながらも、未だ会うことのできなかった会員様同士が
この体育館で再会を果たし、そして、お互いの無事を喜びながらも「まだ注文したドリンクが届かなくってさッ!」と笑顔で言われ
拍子抜けしたというか、元気を貰ったというか・・・

“Face to Face”フォーデイズのネットワーク力に改めて驚かされた場面でした。

IMG_2202

より多くの方へと避難所以外の被災された方々へも呼びかけたところ、老若男女400名以上の方々であっというまに長蛇の列。

IMG_2210


衣服、下着、食料、トイレットペーパー、生理用品、ウエットティッシュ、ガスコンロ/ボンベ・・・

IMG_2211IMG_2232

そして核酸ドリンクが被災された皆さんの笑顔と引換えにそれぞれの手に渡ってゆきました。



メッセージが添えられたドリンクに配給を手助けしてくれた避難所の会員様はとても感動され、
子供達は無邪気に「今度はいつ来てくれるの?明日も来るの??」と。。。

IMG_2242

まだ半分ほど残っている皆様からの想いが詰まった大切な物資、明朝また別の避難所へ責任をもってお届けさせていただきます。

被災地の皆さんは現状に屈することなく元気です!
生かされている私達も元気に頑張りましょう!!

支援物資輸送2日目、燃料補給は3回目。
これから津波で大きな被害を受けた石巻に向けて出発します。

福島県小名浜へ向けて出発したフォーデイズ物資運搬トラック。

小名浜へ到着間近に小名浜エリアの会員様へご連絡を差し上げたところ、
既に安全な場所へ避難移動中とのことで、進路を内陸部の白石蔵王にて
非難生活をされている会員様のもとへ。

高速道路は開通しているものの、所々路面が波打ち、速度は控えて走ら
なければならない状況で、タンクローリーや緊急車両、インフラ作業車両、
自衛隊車両などが大半で、サービスエリアでは国土交通省、気象庁などの
各省庁の方々やテレビクルーなどが休息されている姿が目立ちます。

北へ向かうほど瓦屋根が破損し、ブルーシートで応急処置をした家や壁
やガラスが壊れている家も増えてきました。高速道路の気温計は3℃。

15時過、新幹線の到着を待ちわびてひっそりとしている白石蔵王駅前で
非難生活をされている会員様と待ち合わせ、先導していただき非難生活
をされている場所へ。

早速、皆様からお送りいただきました物資をお届けしました。

この非難されている家に入れるまでは、車の中で一家4人とペットで
寝泊りしていたそうです。

今でも、もともとの生活には程遠い環境の中ですが「ありがとう!皆さんに
本当に感謝し、いつかこの恩返しをさせていただきます」っと元気な笑顔。

自衛隊の大型ヘリが飛び交う空。
晴れ渡った空の綺麗な夕日にその笑顔は輝いていました。
きっと明日は来ると!

これから、仙台へ向かいます。